ヘッドチューブが折れてしまったカーボンフレームです。
アルミでヘッドチューブと本体チューブに差し込む
チューブを溶接します。
はたしてこの状態で本体チューブに差し込めるのだろうか?。
2人係でトップチューブとダウンチューブを引っ張りあい
ヘッドチューブの差し込みを確認します。
差し込める事が分かれば特殊なエポキシ樹脂で接着します。
フレームを治具に取り付けてエポキシの硬化をまちます。
はみ出した余分なエボキシ樹脂は取り除き整えます。